子供が生まれてスライドドアの車を購入した話

昨年1月に、子供が生まれました。
それまでは中古で購入し、5年乗っていたスズキ・スイフトが愛車でしたが、車検を1ヵ月後に控えたある日、妻から「子供を抱えて乗りづらい」「スライドドアの車にしてほしい」と急な注文が。
個人的にお付き合いしていた中古車ディーラーと急ぎ連絡を取り、「車高155センチ以下」「スライドドア」の車を探してもらいました。車高は現在住んでいるマンションの駐車場の、高さ制限の都合です。本当は車高制限無く、車を探したいところでしたが、何しろ車検の1ヶ月前という事情があり、マンション外の駐車場を探す時間がなく、かといって乗り換えるのに車検代を払うのはもったいないため、このような条件になりました。
ディーラーさんには頑張って頂き、条件に合い、かつ走行距離が短く、比較的新しい軽自動車を見つけて頂き、即座に契約。
正直なところ、愛車と別れるのはとてつもなく辛かったのですが、子供と妻のため、新しい中古車に乗り換えました。
結果的に、妻は満足した上、軽自動車に乗り換えた事から家計の負担が軽減され、子育てライフに大助かりしています。

やはりこれからはハイブリッド車か電気自動車!

双子を出産して両手が塞がる事が多く、当時出たての両面スライドドアの乗用車を購入しました。
10年乗った頃、私の職場が変わり、毎日往復60kmを通勤しなくてはならない事になったので、プリウスを中古で購入しました。
前の乗用車はガソリン車で車体も重くて、いくら田舎の道路で片道30kmを走っても、せいぜい燃費は9km/ℓくらいでした。満タンにしても一週間強でガソリンがなくなってしまいました。
プリウスに変えてからは、燃費が格段にアップ。平均26km/ℓまで伸びました。前の乗用車のほぼ3倍です。ガソリンを頻繁に入れなくて済むというだけで、とても利便性も感じました。最高で30km/ℓまで行きました。もう少し私の乗り方を工夫すればもっと伸びると思います。CMではもっと大きい数値ですね。
経済的にもみて、もう普通のガソリン車には戻れません。
これからどんどん化石燃料は枯渇していく一方ですし、社会経済の動向によって原油価格も大きく変動します。電気は人間が作り出せるものですから、全ての自動車が電気自動車になると、充電ポイントも増え、電気自動車自体の価格も近い将来下がってくるのではないかと期待しています。

17マジェスタから20アルファードへの乗り換え

僕は、今年の6月に2年間お世話になった17マジェスタを知人に販売して、新しく中古の20アルファードを購入致しました。セダンに乗っていたせいか、20アルファードはとても天井も高く、車幅もあったので2年間車を運転してきましたが、さすがになれるのに手こずりました。相変わらず今も狭い道を走るときは車幅感覚が曖昧なのでまだまだ特訓が必要です。17マジェスタを乗っていた時は、天井も低く、カーブなどではしっかりと地面についた感じで曲がってくれましたが、20アルファードは天井が高い分、カーブなどでははやや、流されている感じを感じます。その面はセダンの17マジェスタが良かったと思いましたが、広くて、疲れも出にくいのは20アルファードのほうですね。購入当時は、少しこの車大きすぎたかなっと、思った時もありましたが、荷物もたくさん載り、引っ越しの時には20アルファードはとても活躍してくれました。最初はでかいと感じたものの、今ではその大きさに大満足です。