下取りのメリットは売却と購入が一気に出来ること

車を買い換えるとき、「下取り」と「買い取り」でどちらが得なのか、多くの人が疑問に感じると思います。下取りとは、車を買い換える際に車を購入する販売店に、今乗っている車を売って、その分の代金を新車の代金から割り引いてもらう取引のことをいいます。下取りする際の価格は、各社が用意している基本価格を基準として、キズやヘコミや修復歴などがないかという外装面や、車内のタバコやペットのニオイや装備品などの内装面などをチェックして、価格を決める方法が一般的です。

下取りのメリットは、車を購入する販売店で下取りから次の車の契約までできるので、手間がかからないという点です。 また、購入する車の納車と同時に古い車を引き渡せるので代車を手配する必要がなく、値引き交渉がしにくいといわれる新型車の購入の時などにも、下取りを依頼することで値段の交渉が出来るようになります。

1円でも高く!を望むなら複数業者に一括査定

反対に、インターネットから中古車買取り専門店など複数の業者に買い取りを依頼する「一括査定」というサービスもあります。この「一括査定」のメリットは、時間帯を気にすることなく、インターネットで車種や年式、走行距離などをたった一度入力するだけで、複数の業者に査定の依頼が出来るので、便利で効率的という点です。また、全体的な相場として、下取りよりも高値で買い取ってくれるという利点もあります。複数の業者の査定を見比べることで愛車の相場を把握することも出来ますし、その中で一番高く買取ってくれる業者を見つけられるのでさらにお得に愛車を売ることができます。

そして一括査定後は、業者が自宅や勤務先などの希望する場所まで無料で出張査定に来てくれます。車の売買の際に必要な名義変更の手続きなども代行してくれるので、自分の労力をかけることなく取引ができるのです。サービスの利用に手数料などはいっさい不要。インターネットで簡単、スピーディに利用できる一括査定サービス、ぜひ一度試してみてください。